顧客満足度の高い貸切風呂、客室露天風呂があるお宿を厳選して掲載。徹底した現地取材を実施中。


温泉検索どっとこむ

貸切温泉どっとこむのポリシー

TOP > 全国 > 関東地方 > 神奈川県(箱根・湯河原) > 箱根・塔ノ沢温泉 > 元湯 環翠楼(もとゆ かんすいろう)

アイコンの見方

貸切露天露天風呂付き部屋離れ貸切日帰り+食事付プラン+個室付24時間利用食事食事エステ高速インターネットDVDサウナバリアフリーペット加水をしない源泉100%かけ流し源泉かけ流しだが加水による温度・湯量調節をしている源泉かけ流しと循環を併用(加水あり)囲炉裏混浴岩盤浴

創業400年、箱根屈指の老舗温泉旅館/幕末明治大正時代の歴史生づく宿

元湯 環翠楼 もとゆ かんすいろう Motoyu KANSUIRO

TEL:0460-85-5511

※予約問合せの際は、必ず「貸切温泉どっとこむ」を見たと言ってください。

この宿の公式ページへ

元湯 環翠楼-おまけ(1)

「元湯 環翠楼」の玄関。
関東大震災にも耐えたその空間には、数多くの人々が通り過ぎた歴史が刻まれている。
まず目につくのが、「環翠楼」の大きな看板。
これは、長三州直筆の揮毫(きごう)を、箱根細工の名人・白川洗石が神代杉の地板に象眼したもの。
右手には、珍しい桜の木で作られた階段が存在感を主張している。
「元湯 環翠楼」の玄関
「環翠楼」の看板

さらに、その左手にどっしり構えているのが巨大金庫。
なんと明治時代のものらしいが、驚くべきことに今でも現役だという。
現在は、お客様の貴重品をここで預かっているとの事。
ちなみに、ダイヤルは数字ではなくイロハ順となっている。
"YOSHIKAWA"というメーカーも現在はなく、それを考えても貴重なものだ。
明治時代の巨大金庫
明治時代の巨大金庫

玄関を通り、廊下をしばらく歩くと、"大入"と書かれた額が飾られていた。
こちらは大正時代、「イヤん」「アハん」のお色気の音曲漫談で一斉を風靡した初代・柳家三亀松(やなぎやみきまつ)のものだ。
彼は、初代・柳家三語楼の門下生で、新内、都々逸(どどいつ)、声色(こわいろ)、物まね、形態模写を取り入れた艶笑(えんしょう)漫談を三味線の爪(つま)弾きに乗せて語る独自の芸風で人気を得たという。
彼も、この宿の常連だった。
柳家三亀松の額
柳家三亀松の額

館内は、大正8年に建てられた事もあり、銘木の博物館、そして腕利きの職人による細工の百貨店の様相。
磨きこまれた階段の烏帽子など、見事なものばかりだ。
階段の烏帽子
階段の烏帽子

大浴場周辺には、彩り鮮やかなステンドグラスも見ることができる。
もちろんこれらも、大正時代の細工となっている。
大正風呂女湯の前のステンドグラス
大正風呂女湯の前のステンドグラス

国指定の有形登録文化財の宿ながら、お客の要望にできるだけ応えているのが、この宿の素晴らしいところ。
登録有形文化財のプレート
登録有形文化財のプレート

この宿の公式ページへ


元湯 環翠楼

基本情報

宿泊・日帰り・貸切料金/施設&サービス

宿泊料金 ※料金は12名様宿泊時の1名様分(サービス料込・消費税別)※別途入湯税150円(大人のみ)

公式HPネット予約特典 【ベストレート(最低価格)保証】
公式HPからの予約が一番お得な料金になっております。
お得なプラン 環翠楼建立100年記念プラン、平日限定プラン、お一人様プラン、日帰りプランなど、お得なプランは公式をチェック★
温泉内風呂付き客室 ¥27,000~ (客室名「清流」で1泊2食2名利用の場合の1名分料金)
※部屋の広さは本間9畳+次の間、広縁、洗面所、トイレ、掛け流し内風呂付き
通常客室 ¥17,000~ (1泊2食2名利用の場合の1名分料金)
※部屋の広さは本間8畳+次の間、広縁、洗面所、トイレ付き

宿泊情報

IN→ 15:00 OUT→ 10:00
カード使用 可(VISA・マスターのみ) 部屋の眺望 川・山
部屋食 夕・朝 ※12名以上は宴会場 
夕食の内容 懐石風料理
朝食の内容 日本食

貸切風呂情報

料金 宿泊の場合 無料
利用時間 内湯:24時間、露天:22:00~4:00
※休前日の貸切可(内湯)
予約方法 予約なし(先着順)

日帰り温泉情報 

貸切日帰り温泉情報

料 金
利用時間
食事付きプラン(要予約)
料 金 ¥13,000~ 食事の内容 懐石風料理
設定日 毎日 受付時間 15:00 ~ 20:00
その他 全ての温泉施設(大正風呂・貸し切り風呂・露天風呂)を利用可

施設情報

部屋数 和25室
露天風呂付き客室1室、内風呂付き客室6室
収容人数 122名 駐車場 30台
ペット 不可 バリアフリー 非対応
エステ・マッサージ 英国製オーガニックトリートメントオイルを利用したアロマテラピー
※完全予約制
フルボディコース¥16,200/60分
セミボディコース¥12,960/40分
インターネット 全客室と応接間(2F)にてWi-Fi利用可
DVD なし
TVチャンネル 地上波
施設 宴会場・売店・バー・卓球コーナー(有料)
自動販売機 ジュース、アイスクリーム
売店 あり アイスクリーム

風呂施設情報

貸切風呂 部屋付き:露天風呂・岩風呂・ヒノキ風呂・内湯・その他(伊豆石・大理石)
共同のお風呂(時間制):露天風呂・岩風呂・ヒノキ風呂・内湯・その他(大理石・タイル
貸切風呂の眺望 部屋付き…山・庭園
共同のお風呂(時間制)…川
その他のお風呂 男女別露天風呂あり(※男女別の入れ替え無し)
男女別 「大」風呂あり(※男女別の入れ替え無し)
岩盤浴(16:00~24:00)

客室情報(アメニティ)

冷蔵庫のシステム 利用した分だけ申告(持ち込みのドリンクを入れるスペースあり)
冷凍室 不可
冷蔵庫のドリンク 中瓶ビール
アメニティ 
浴衣 バスタオル タオル 石鹸
ボディソープ シャンプー コンディショナー リンスinシャンプー
歯ブラシ シャワーキャップ ドライヤー ブラシ・くし
カミソリ 綿棒 洗浄機付きトイレ    
…常備  …有料で用意  …一部常備  …置いてない

その他サービス・レンタル情報

レンタルサービス 加湿器・釣り(無料)15:00~17:00
車イス
お子様 お子様用の浴衣(90cm~)・専用料理「板長おまかせ日替わりメニュー」
外国語

おまけ情報

オススメお土産 寄せ木細工の箸
近くのコンビニ クルマで3分
携帯アンテナ docomo
au
ソフトバンク

元湯 環翠楼

温泉情報

泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
源泉の温度 30℃、45℃、58℃の3本の源泉を混合して使用 湧出量 60リットル/分
水素イオン pH 8.9 溶存物質総量(ガスを除く) 527mg/kg
源泉の湧出状況 自家源泉で動力泉(ボーリングによってくみ上げる源泉)
※自家源泉の本数:3本
加水/循環ろ過 男女別大浴場、露天風呂、貸切風呂、客室露天風呂は、源泉100%かけ流し
部屋付きの温泉風呂は蛇口をひねると源泉が出てくる
加温 あり(季節によって加温)
消毒 あり(露天風呂のみ)
浴槽の湯の入替 1日1回
入浴剤 不使用
浴用の適応症 ■この泉質ならではの適応症:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
■一般的適応症:筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進
【伝承による適応症】―
【美肌の湯4要素】✕硫黄泉・✕炭酸水素塩泉・✕硫酸塩泉○(弱)アルカリ性
湯の色 無色透明
飲用 不可 飲用の適応症
におい/味 無味無臭

元湯 環翠楼

交通アクセス&周辺情報

車・電車・バス・送迎/観光・アクティビティー

アクセス情報

電 車 JR小田原駅→小田急線にて箱根湯本駅下車、バス3分徒歩15分
または、箱根登山鉄道・塔ノ沢駅下車、徒歩5分
送 迎 あり箱根湯本駅より送迎バスにて約5分(有料:一人100円/税込)
クルマ 【東京方面から】
東名・小田原厚木道路経由、小田原西ICをおりて約5分(4km)。
インターをおり、国道1号線で箱根湯本駅前を通り、函嶺洞門を抜け二つ目の橋を渡ると左側。駐車場は玄関前より20mほど先の道路両側。
【名古屋方面から】
東名、御殿場ICをおり、国道138号線にて箱根方面へ。
宮ノ下より国道より国道1号線にて大平台経由で約50分。箱根登山鉄道のガードを潜るとすぐ。塔ノ沢温泉場に入ると、道路両側に駐車場あり。玄関は20m先。
マップ

周辺情報

周辺観光スポット 阿弥陀寺・箱根ベゴニア園・箱根ガラスの森・彫刻の森美術館・ポーラ美術館・成川美術館
レクリエーション
(観光農園、公園など)
スポーツ

元湯 環翠楼

スタッフより

元湯 環翠楼:五代目 梅村哲さんからのコメント

源泉かけ流しの温泉と館内にあふれる歴史を堪能してみてください。 元湯 環翠楼:五代目 梅村哲さん

※予約問合せの際は、必ず「貸切温泉どっとこむ」を見たと言ってください。


公式ホームページ 別ウィンドウで開きます。

こちらの宿情報は携帯電話からもご覧頂けます。お使いの携帯電話でQRコードを読み込んで下さい。

元湯 環翠楼 QRコード
取材日2013/06/17
一部情報更新日2019/09/27

ページの上に戻る